INTERUSHはGoogleの顧客諮問委員会の一員です
INTERUSH
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサーサイト
9月19日、世界三大カーレースであるINDYRACEが
ホンダのツインリンクもてぎで行われた。

日本のIT企業、Yahoojapanや楽天が野球チームを
所有するように、INTERUSHはINDYとNASCARを
スポンサリングしている。

GoogleがNASCARに参戦したかったが、断られ
つづけたという話は有名だ。


もちろん審査があって、Fortune・Forbesの
上位500社に入っていなければならない。


しかしINTERUSHはChairmanであるMartyの
実力・実績が信頼され、すでに参戦している。

あのトヨタよりも早く。

お金が物を言うのであれば、Googleはとっくに
参戦出来ているはず。

これがINTERUSHの事実である。
これがINTERUSHです。
限定権利(ポジション)は間もなく締め切られてしまいます。
あなたは取り残されてもいいのですか?
INTERUSHはインターネットと固定電話・携帯電話を繋ぐ

VoIPサービスをもっています。

これにはFAX送信サービスPhytter fax もあります。
今年もまた、ブリヂストンやホンダをはじめ錚々たる企業と

肩を並べてINDY JAPAN RACEに参戦します!!!!!


皆さん、考えてみたら分かりますよね?

怪しい会社がこんなところに2年も続けて参戦出来ますか?

この事実からINTERUSHの真実を知ってください。
INTERUSHの「フィッターボックス」はインターネットと固定電話をつなぐ

VoIPハードウェア。

この製品があれば、通常の電話をIP電話として使えるというもの。

他社にも似たような無料サービスがあります。これはいくら使っても

アナタに収入が発生することはないでしょう。単なる利用者です。

しかしINTERUSHの有料サービスを使うとアナタには収入が発生します。

これは携帯電話の権利収入を貰っている人たちと同じ「権利収入」です。

現在台湾にて、通信業界で10数年のマーケティング及びテクニカル

サポートの経験を持つゲーリー・テンさんを新たにスタッフとして迎え、

テストマーケットとして試行されています。

テストマーケット終了後、他の市場にも広げていく予定です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。